×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


英検準一級基本情報


●試験日程


 2007年度の試験日程

 <第3回検定>

 受付期間: 12月1日~12月25日(書店は12月22日締切)

 一次試験 本会場:2008年1月27日(日)
 二次試験 本会場のみ:2008年2月24日(日)

 2008年度の試験日程

 <第1回検定>

 受付期間 3月10日~5月22日(書店は5月19日締切)

 一次試験 本会場:6月15日(日)
 二次試験 7月13日(日)

 <第2回検定>

 受付期間 8月1日~ 9月25日(書店は9月22日締切)

 一次試験 本会場:10月19日(日)
 二次試験 11月16日(日)

 <第3回検定>

 受付期間 12月1日~12月25日(書店は12月22日締切)

 一次試験 本会場:2009年1月25日(日)
 二次試験 2009年2月22日(日)

 ●検定料

 準1級 6,000円

 ●時間

 集合時間:9:30
 終了予定時間:12:00


 目標7500語!!

     一般的に英検準1級のレベルは単語7500語レベルと言われています。
     目標が準一級なので、英検2級のレベル単語5000語をマスターしてると一応仮定します。

     すると、単純に計算して2500語を半年で覚えることになります。
     2500/6ヶ月/30日= 1日約10語です。

     もちろん、覚えた単語は順次忘れていきますが、一方で、CNNなどのニュースを聞いたり、
     長文読解をしたりと、増えていく語彙もあると思いますので、細かいことは気にせず、
     目標:1日約10語暗記しましょう!!

     何故TOEICでなくて英検準一級をめざすのか?

       単刀直入に言います。ずばり「内容が面白い」!! です。
       私はこの一言に尽きると思います。

       特に長文問題(Pert2 & Pert3)は日本語だけで読んでも面白くためになります。
       過去問題の一例です。

       2006年1回 
       Pert2

 タイトルをみただけでもわくわくしますよね。
 一例を抜粋しました。

     ■ 2-- A Measure of Success 成功の指標 
     ヒマラヤ山脈に位置する国、ブータンの政府は「国民の総幸福量」
     (gross national happiness:GNH)と称する新しい目標が重要であると考えている。
     英国の政治家リチャード・レイヤードは、自分の著書「幸福:新しい科学からの教訓」の中で、
     「お金で幸福が買えるか?」という永遠の疑問に取り組んでいる。
     彼の答えは、ある程度まではそうである。
     裕福な国では、人々は貧しい国よりも幸福を感じる傾向にある。
     しかし、年間所得の平均がおよそ2万ドル(200万円)に達すると、国民全般の幸福度は劇的に減少し始める。
     彼は、本当の幸福は愛情に満ちた関係とコミュニティーの絆次第でると述べている。
     さらに、人々の幸福の全体的なレベルを上げるのは企業である。と続く。。。

     本当の幸福とは?
     幸福を買うことはできるのか?
     非常に奥深く、考えさせられる内容ですね。。。